/

東芝、次世代送電網でスイス社買収発表 1900億円

東芝は19日、スイスのスマートグリッド(次世代送電網)関連企業、ランディス・ギアを買収すると発表した。23億ドル(約1900億円)を投じて、9月までに全株式を買い取る。今後は官民ファンドの産業革新機構や事業パートナーとなる欧米企業などからも出資を募る見通しだ。

ランディスは1896年創業で、双方向の通信機能を持つスマートメーター(次世代電力計)の世界最大手。世界30カ国以上に拠点を持つ。従業員数は約5000人。2010年の売上高は15億3300万ドル(約1250億円)。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン