KDDIのスマートテレビサービス JCOM、年内にも提供

2013/1/19付
保存
共有
印刷
その他

CATV業界最大手のジュピターテレコム(JCOM)は年内にもテレビ番組とインターネットの両方が楽しめるKDDIの「スマートテレビ」サービスの提供を始める。JCOMは同様のサービスを利用できる次世代チューナーを今夏にも提供する予定だが、今春にKDDIの連結対象となるため、2種類のサービスを併存させる。

KDDIの「スマートテレビ」は専用の端末を既存のテレビに取り付けて利用する。動画共有サイトの「YouTube(ユーチューブ)」のほかKDDIの動画・音楽配信サービス「ビデオパス」や「うたパス」などが楽しめる。

KDDIは昨年12月から業界2位のジャパンケーブルネット(JCN、東京・中央)を通じてサービスを提供しており、全国のCATV会社に提携を呼びかけていた。

JCOMは今秋にJCNと統合することが決まっている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]