火力発電に安価な新燃料 日揮、重油の3~5割安
手つかずの低品質石炭使う

2012/5/23付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日揮は火力発電用の新しい低価格燃料を開発し、2015年から生産を始める。これまで使えなかった低品質石炭を加工して液化した燃料で、約300億円を投じてインドネシアに生産設備を建設。日本やアジアで販売し、3~5割安い価格で石油火力向けの重油の代替を目指す。世界の石炭埋蔵量の約半分を占める低品質炭の活用が進めば火力発電コストの低下につながりそうだ。

東京電力福島第1原子力発電所の事故以降、火力発電燃料…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]