/

この記事は会員限定です

エネ消費「ゼロ」のオフィスビル 清水建設が受注

ゼネコン各社、実用化競う

[有料会員限定]

ゼネコン(総合建設会社)各社が太陽光発電や省エネ設計を組み合わせて正味のエネルギー消費量をゼロにするオフィスビルの建設技術を実用化する。清水建設は来春、太陽光やバイオマス(生物資源)発電でエネルギーを自給自足する「ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)」と呼ぶ省エネ型ビルを建設する。建築コストは割高になるが、昨年から続く電力不安を背景にZEBの普及を目指す。

従来のオフィスより45%省エネ

ZEBは電力会社の送電網には接続して供給を受けるもの...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り954文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン