ソフトバンク、米携帯卸大手の買収発表 1234億円

2013/10/19付
保存
共有
印刷
その他

ソフトバンクは19日、携帯端末の卸売事業大手の米ブライトスターを買収すると正式発表した。12月までに同社の株式の約57%を取得して子会社にし、最終的に約70%まで引き上げることで同社と合意した。投資額は約12億6000万ドル(約1234億円)となる。ブライトスターはメーカーから携帯端末を調達し、通信会社に販売する世界大手。ソフトバンクは卸売事業に参入するとともに、自社の端末調達コストの削減につながるとみている。

ブライトスターは新興国などの世界約200の通信会社にメーカーから大量に安く調達した端末を販売する。携帯端末の年間販売台数は8000万台程度。通信会社に代わり、スマートフォン(スマホ)を下取りしたり補修したりするサービスも手掛ける。50カ国以上に拠点を持ち、125カ国以上で事業展開する。2012年12月期の連結売上高は63億ドルで、営業利益は約1億8000万ドル。

ソフトバンクは米国の特別目的子会社を通じ、12月までにブライトスターを子会社化し、その後、5年間かけて出資比率を約70%にする。

ソフトバンクはスマホ向けゲームの世界大手であるフィンランドのスーパーセルも11月までに約1515億円で買収することを決めた。7月に傘下に入れた米スプリントと合わせ、相次ぐ買収で世界での事業展開を加速させる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]