マクドナルド、主力商品値上げ 100円台商品も拡充

2013/4/18付
保存
共有
印刷
その他

日本マクドナルドホールディングスは18日、ハンバーガーなどの主力商品を5月7日から値上げすると発表した。同社は既存店売上高の減少が続き、苦戦している。100円台の低価格の新商品も加えるなどして消費者が抱きがちな割高感を薄めながら、客単価の上昇余地を探る。

ハンバーガーとマックシェイク(Sサイズ)を100円から120円に、チーズバーガーを120円から150円にそれぞれ値上げする。

1月から一部店舗でハンバーガーを100円から120円に値上げするなど新たな価格の検証を重ねてきた。「ハンバーガーのような代表的な商品は固定客の購入比率が高く、値上げしても販売減への影響は限定的」(原田泳幸会長兼社長)と判断し、全国的な値上げに踏み切る。

ハンバーガーとチーズバーガーを除く100円台の商品には新たに「バリューピックス」とのシリーズ名を付けて消費者に訴求する。シリーズの1商品として通常のダブルチーズバーガー(280~310円)よりもチーズや野菜が少量の「マックダブル」を190円で発売。190~230円のマックフライポテト(Sサイズ)は150円に下げる。

100円台の商品の拡充と組み合わせることで全体の値上げ率は0.3%程度にとどまるという。マクドナルドの大幅な価格改定は2008年8月以来。当時は原材料の高騰を受け、単品商品の約6割を値上げした。今回は安定した売り上げが見込める主力商品を値上げしながらお得感も演出することで客単価の下落に歯止めをかけつつ客数を増やす思惑だ。

4月19日には全国を6地域に分けて取り入れている価格体系を9地域に細かく分けて取り入れ、地域の消費動向に応じて柔軟に価格を設定する。大阪府と岐阜など3県の約50店で「てりやきマックバーガー」を270~280円から290~320円に、「ビッグマック」を290~320円から330~360円にそれぞれ値上げする一方、子供向けの「ハッピーセット」を420~490円から410~480円に値下げする。

コンビニエンスストアや牛丼店に押され、同社の既存店売上高は3月まで12カ月連続で前年実績を下回り、客単価も11カ月連続でマイナス。原田会長兼社長は「新たな価格設定で5月には既存店売上高がプラスに転じる」と話す。だが18日には吉野家ホールディングスが牛丼の並盛りの価格を100円安い280円にするなど、マクドナルドの思惑通りに売上高が上向くには不安定要素もある。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]