/

抗HIV薬、8月にも米で承認 塩野義の英関連会社

塩野義製薬は18日、英国の関連会社が承認申請中の抗エイズウイルス(HIV)薬が、早ければ8月にも米食品医薬品局(FDA)から承認される見通しだと発表した。医療現場のニーズが高い場合に適合される「優先審査」の対象となるとの通知をFDAから受けた。通常より審査期間が4カ月前後短くなる。

優先審査の通知を受けたのは、抗HIV薬「ドルテグラビル」。塩野義は関連会社の英ViiVヘルスケア(ロンドン)と、同薬などの売り上げのうち平均で10%台後半のロイヤルティー収入を得る契約を結んでいる。

同薬は現在、英国の関連会社が欧米とカナダで承認申請しており、2013年中の発売を目指している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン