三菱電機、過大請求問題で154億円を返納 3機関に

2013/1/18付
保存
共有
印刷
その他

防衛・宇宙分野にかかわる費用の過大請求問題で、三菱電機は18日、防衛省を除く3機関への水増し請求分と違約金・延滞利息の合計、約154億円を返納したと発表した。内閣衛星情報センター、宇宙航空研究開発機構(JAXA)、情報通信研究機構から受けていた競争参加資格の停止措置は、18日までで解除される。

三菱電機は昨年12月、防衛省分を含む違約金・延滞利息の見積額を773億円(関係会社含む)と公表し、業績予想を修正した。今回の返納分は予想に反映済みという。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]