/

野球用品「ローリングス」との契約終了 アシックス

アシックスは18日、野球用品で米ブランド「ローリングス」とのライセンス契約を2012年末に終えると発表した。今後は自社ブランドに切り替え、国内の顧客の需要にあった高機能商品を投入する。これにより11年度に約60億円だった野球用品の売上高を、早期に100億円に増やす計画だ。

今年11月から「アシックス」ブランドのシューズやグラブ、バット、ウエア、防具類などを順次発売する。自社の研究所で培ったノウハウを生かして高機能商品を開発する。認知度の高いアシックスブランドに統一することで売り上げ増大を目指す。当面は主に国内で販売する。

同社は米ローリングス・スポーティング・グッズ・カンパニー(ミズーリ州)とライセンス契約し、1976年からシューズなどを除いた野球用品をローリングスのブランドで製造・販売してきた。今年末に契約が満了するという。ローリングス社は今後、日本で独自に野球用品を展開するとみられる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン