/

メール絵文字、共通に ドコモとau、イー・アクセス

誤変換解消 iPhoneは除く

NTTドコモとKDDI(au)、イー・アクセスの通信会社(キャリア)3社は18日、携帯電話のメールで使用する絵文字を共通化すると発表した。一部の絵文字を異なるキャリアに送ると誤変換され、メールの文意が伝わりにくい問題があった。

例えば、牡牛(おうし)座の絵文字はドコモでは星座の記号で表示されるが、それをauの携帯電話に送ると牛のマークに変換されてしまう。

KDDIとイー・アクセスは使用頻度の高い約200種類の絵文字を対象に、ドコモの絵文字に即した新しい絵文字を作製。今夏以降に販売する新機種から対応する。既存機種は基本ソフト(OS)のアップデートで対処する。ただ、アニメーション機能がある装飾メール「デコメ」の絵文字などは共通化しない。

ソフトバンクは2008年6月以降に販売した機種すべてに、ほかのキャリアで誤変換する絵文字を排除する機能がある。「絵文字のデザインもほかのキャリアで誤変換しないよう配慮している」(ソフトバンク)という。

KDDIとソフトバンクが販売している米アップルのスマートフォン(高機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」は対応しない。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン