2018年12月11日(火)

増える発電量、頼れる石炭 CO2地下貯留に注目
三井物産戦略研究所研究フェロー・本郷尚

(1/2ページ)
2012/7/26 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

エネルギーを安定、かつ安く確保することは経済を維持し、成長を持続させるための最重要課題だ。これは世界共通であり、日本で原子力発電所の事故後のエネルギー・環境戦略が国民的議論になっているのは当然だ。

IEA(国際エネルギー機関)は2030年の世界の発電量は現在の1.6倍以上になると指摘する。再生可能エネルギーやシェールガスなど新しいエネルギー源利用を進め、原子力も利用しても、これだけの需要を満たす…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

CO2回収能力、世界最大プラント 三菱重工が開発[有料会員限定]

2012/5/16 1:35

IHIがCO2回収・貯留 石炭火力発電向け[有料会員限定]

2012/4/18 2:02

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報