/

食品スーパーの東京ストアー、民事再生法適用を申請

東京ストアー(食品スーパー、金沢市)は18日、金沢地裁に民事再生法の適用を申請した。負債総額は約55億円。1959年の創業で石川県内で10店舗を持つが、県外の食品スーパーの相次ぐ出店により採算が悪化し、資金繰りが厳しくなっていた。

民間調査会社の東京商工リサーチによると、東京ストアーの2012年3月期の売上高は136億円で、ピーク時の01年3月期に比べると2割以上減少した。岐阜県を地盤とするバローなどが金沢市内で店舗を増やし、競争の激化で業績が悪化していた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン