/

西洋フードに給食子会社売却 森永製菓

森永製菓は18日、給食事業などを手掛ける100%子会社の森永フードサービス(東京・港)の全株式を、給食大手の西洋フード・コンパスグループに5月31日付で売却すると発表した。譲渡額は非公表だが、十数億円のもよう。収益が低迷していた給食事業から撤退し、本業の菓子製造に経営資源を集中する。

森永フードサービスは1960年に設立。グループの社員食堂や、国公立施設などで給食事業を展開。また東名高速道路足柄サービスエリア(静岡県御殿場市)のレストランや土産物店を運営する。2011年3月期の売上高は28億9400万円で、ここ数年は競争激化などで、赤字に陥っていたとみられる。

本業とも関連性が薄いことから、専業大手への売却を決めた。一方、西洋フードは、買収後に森永フードサービスの商号を「エムエフエス」に変更。幸島武西洋フード社長が社長を兼任するなど経営陣も一新して収益改善に取り組む。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン