/

大阪中央郵便局跡地ビル 12年の開業延期発表

日本郵政と西日本旅客鉄道(JR西日本)は18日、JR大阪駅前の大阪中央郵便局跡地(大阪市北区)に共同で建設を予定する大型複合ビルについて、2012年の開業を延期すると正式発表した。景気の悪化を背景にオフィス需要が見込めないためという。開業時期は改めて協議する。名古屋でも計画の見直しを検討する。

計画は、劇場やテナント、オフィスを取り込んだ地上40階(高さ187メートル)の複合ビル。開業延期を受け、オリエンタルランドは複合ビルに設ける劇場の運営受託を取りやめることにしたが、日本郵政によると劇場を整備する計画は変更しないという。

日本郵政グループは不動産事業を新たな収益の柱に据える方針だったが、目玉となる都心の大型郵便局の再開発はつまずいている。10年度に着工予定だった旧名古屋中央郵便局駅前分室(名古屋市中村区)についても、事業見直しを視野に検討する方針だ。旧東京中央郵便局(東京都千代田区)は鳩山邦夫元総務相が文化的価値を理由に取り壊しに待ったをかけ、計画を大幅に見直した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン