トップ > 特集 > 空港・コラム > 記事

最後の愛弟子 日航・稲盛和夫(ルポ迫真スペシャル)

(1/3ページ)
2013/2/21 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2012年3月期の日本航空(JAL)の連結営業利益は2049億円。全日本空輸(ANA)の2.1倍に達した。

「会社更生法というのは実に強力だった」

名誉会長の稲盛和夫(81)はそう振り返る。

巨額の債務がカットされ、3500億円の公的資金が注入された。資産評価を大きく切り下げたため最大で9年間、税制優遇が受けられる。

「JALの強さは固定費削減による一過性のものではない」。ANAは危機感を強めて…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ルポ迫真スペシャル 日航・稲盛和夫

ルポ迫真 業を起こす 日航・稲盛和夫


日航再建

電子版トップ



[PR]