トップ > 特集 > 空港・コラム > 記事

反骨の血、その源流 日航・稲盛和夫(ルポ迫真スペシャル)

(1/3ページ)
2013/2/20 3:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「独占で威張ってるヤツが嫌い」

日本航空(JAL)名誉会長の稲盛和夫(81)は「独占」という言葉が出てくると目が鋭くなる。

稲盛は1984年にDDI(現KDDI)を設立して通信事業に参入してからずっと、独占企業のNTTと戦ってきた。もとは半官半民のJALもNTTと同じ体質で「大嫌い」だったが、JALがなくなれば日本の航空業界は事実上、全日本空輸(ANA)の「独占」になってしまう。稲盛は独占を防ぐ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

ルポ迫真スペシャル 日航・稲盛和夫

ルポ迫真 業を起こす 日航・稲盛和夫


日航再建

電子版トップ



[PR]