/

この記事は会員限定です

iPadで工事管理 大成建設など、現場に電子図面

まず取引先5500社にシステム導入

[有料会員限定]

大成建設三菱商事などと組み工事現場にタブレット(多機能携帯端末)を導入する。電子化した図面を配信するシステムを開発し、工事の進捗状況なども把握。内蔵のカメラを使って作業の履歴を作り、工事の品質を高める。まず大成建設が取引関係のある工事会社5500社に導入を呼びかけ、中小の建設会社にも普及させる。

米アップルの「iPad(アイパッド)」向けに専用のアプリ(応用ソフト)の「フィールドパッド」を開発した。価格は150...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り399文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン