/

この記事は会員限定です

サード・ポイント、ソニーの成長戦略や株価見極め

[有料会員限定]

サード・ポイントのローブCEOがエンターテインメント事業の分離上場案を留保したことで、同ファンドとソニーの緊張関係が和らぐ可能性がある。ただ、エンタメ事業への戦略が投資家を満足させられず株価が下落した場合には、サード・ポイントがソニー株を買い増し、再び対決姿勢に転じる可能性も否定できない。

「ソニーの株価がサード・ポイントの姿勢を決める」。ある金融機関幹部はこう話す。ヘッジファンドは株の売買で利...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り315文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン