/

仏ルノー社外取締役に自民の小池百合子氏

フランスの自動車大手ルノーが、社外取締役に小池百合子元防衛相を迎える方針であることが分かった。同社の広報担当者が明らかにした。4月30日の株主総会で正式に就任する。任期は4年。

小池氏は自民党衆院議員で、防衛相のほか、環境相を務めた。旧通商産業省(現在の経済産業省)出身で日産自動車副会長を務め、2009年からルノー社外取締役に就いていた伊佐山建志氏の後任となる。

ルノーは小池氏の日本での幅広い経験や人脈を経営に生かす狙いがあるとみられる。ルノーの株主総会の招集通知によると、「小池氏を日産を代表する新たな取締役として選んだ」という。

小池百合子事務所は「無報酬で引き受けた。テレビ会議で参加するので海外出張の必要はない」とコメントしている。衆院事務局によると一般の国会議員の兼職に関する規定はなく、営利企業の役員に就くことも可能という。(パリ=竹内康雄)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン