2018年10月17日(水)

春秋航空日本、事業認可を取得 14年5月から国内3路線就航

2013/12/17付
保存
共有
印刷
その他

中国系の格安航空会社(LCC)を母体とする春秋航空日本(千葉県成田市)は17日、国土交通省から航空運送事業の認可を取得した。鵜飼博社長は同日、「安全をベースに体制を構築したい」と述べた。

春秋航空日本は来年5月末から成田―高松、成田―佐賀、成田―広島の3路線を開設する予定。既に客室乗務員などを採用し、就航準備を進めている。国内線参入で、中国から春秋グループ便で来日した中国人観光客などを日本各地に誘導したい考えだ。

春秋航空日本は国内線を展開するLCCとして4社目。今月20日にはANAホールディングスの100%子会社であるLCC、バニラ・エアが就航する。LCC間の国内競争が激しくなりそうだ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報