/

ソニー、スマホ連動の腕時計型端末 25日国内発売

ソニーモバイルコミュニケーションズは17日、スマートフォン(スマホ)と連動して使う腕時計型端末「スマートウォッチ(SW)2」を25日に国内で発売すると発表した。腕時計型端末は韓国のサムスン電子も17日に「ギャラクシーギア」を発売したばかり。ポストスマホを狙って「ウエアラブル端末」の開発競争が激しくなりそうだ。

SW2はスマホと連動して使う仕組みで、通話はできない。着信に対してメッセージを送ったり、拒否したりできる。スマホに保存している音楽や画像をSW2に表示できる。300のアプリが対応しており、SNS(交流サイト)の投稿なども確認できる。

画面サイズは1.6インチで、バッテリーは通常3~4日持つ。防水機能も搭載した。ソニーは2007年に腕時計型端末を発売。スマホと連動させて使うスマートウオッチを11年に投入した。SW2は3代目で、12年に発売した従来機種に比べて画面を大きくしたり、使い勝手を高めたりした。価格は1万4800円。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン