サントリー、店頭からペットボトル原料確保 コスト抑制

2013/12/18付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サントリー食品インターナショナルはペットボトル原料にスーパーで回収した使用済みボトルを活用する。セブン&アイ・ホールディングスなどから集め、年内に利用を始める。2015年にボトル製造に必要な樹脂の1割近くを店頭回収分で賄う。石油由来の新品樹脂の使用割合を下げ、原油価格が上昇しても容器コストを抑え飲料価格に波及しにくい体制をつくる。

店頭回収したボトルを原料にするのは国内で初めて。サントリー食品は…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]