NECカシオ、500人削減へ スマホ生産外部に移管

2012/2/17付
保存
共有
印刷
その他

NECカシオモバイルコミュニケーションズは9月までに早期希望退職の募集やNECグループへの配置転換で、全従業員の約4分の1に相当する500人を削減する。米アップルの「iPhone(アイフォーン)」など海外製品との競争で携帯電話事業の不振が続いており、スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)生産を外部に移管し、コストを削減する。

早期希望退職の対象は、NECカシオの40歳以上の社員と生産子会社のNEC埼玉(埼玉県神川町)の35歳以上の社員。応募者には退職金を上積みし、34カ月間は転職を支援する。

NECカシオが保有する工場では今後、「iモード」などに対応した従来型の携帯電話を生産する。「メディアス」などスマホについては、アジアメーカーなどとの共同開発・生産委託に切り替える。

NECカシオはNEC、カシオ計算機、日立製作所の携帯電話事業を統合して2010年に設立。スマホ開発の遅れで、業績がふるわなかった。NECはグループ社員5千人に、外注業務の打ち切りを含めた計1万人の人員削減を計画しており、携帯電話事業のリストラも計画の一部。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]