千代田化工、カタールでプラント保全事業受注

2013/5/17 20:09
保存
共有
印刷
その他

千代田化工建設は17日、カタールで既存プラントの保全サービス事業を受注したと発表した。契約期間は4年間。オーナーの要求に応じ、プラントの改造や増設などの設計、資材調達、建設管理などを手掛ける。新規受注に左右されにくい安定した経営体質の構築を目指す。

カタール子会社の「千代田アルマナエンジニアリング」が、カタールシェルGTL社から受注した。カタールにある天然ガスを液体燃料にする「GTL」の世界最大のプラントで改造や増設などの際の設計、建設管理を、千代田アルマナが引き受ける。

千代田化工は千代田アルマナを2008年に設立。すでに500人規模の技術者をそろえ、カタールのエネルギー会社などから保全サービス事業を獲得している。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]