/

TANAKA、三菱商事の純金積み立て事業買収

貴金属最大手のTANAKAホールディングスは三菱商事から消費者向けの純金やプラチナの積み立てサービス事業を買収すると発表した。買収額は約5億円。少額で利用できる同サービスは若年層でも利用しやすい。三菱商事のサービスを引き継ぐことで顧客数を約1割増やし、将来の地金売買拡大にもつなげる。

子会社の田中貴金属工業が三菱商事の積み立てサービスの商品や顧客、窓口の委託先コールセンターなどを11月1日付で引き継ぐ。対象事業の2012年3月期の売上高は158億円。

積み立てサービスで三菱商事はTANAKAや三菱マテリアル、住友金属鉱山と並ぶ4大手の一角。TANAKAは事業買収により積み立てサービスの累計顧客数を45万人から49万人に伸ばす。

月々1千円といった少額から始められる積み立てサービスは20~30歳代の利用も多い。事業の柱である貴金属地金の店頭売買は50~60歳代が顧客の中心。積み立てサービス買収で地金売買の潜在的な顧客を掘り起こす。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン