/

ヤマト運輸、路面電車で宅配便輸送 18日から京福電鉄使い

ヤマト運輸と京福電気鉄道は17日、路面電車を使った宅配便の輸送を18日から京都市内で始めると発表した。京福電鉄西院駅の車庫でトラックから鉄道車両に荷物を積み替え、主要観光地である嵐山駅に運んだ上で、事業所や家庭に届ける。宅配便の輸送に路面電車を使うのは全国初という。輸送の効率化や二酸化炭素(CO2)排出量の削減につなげる。

輸送専用の車両を一般の車両に連結し、当面は毎朝1便のペースで運行。嵐山駅からはリヤカー付きの電動自転車で配達する。

嵐山周辺は紅葉などの観光シーズンの交通渋滞が激しい。ヤマトは今回の取り組みで時間通りに配達しやすくなるとみている。

ヤマトの山内雅喜社長は17日の記者会見で「車両を削減でき、渋滞緩和にも寄与する」と強調。京福電鉄の西田寛社長は「全国の私鉄に同様の取り組みが広がると期待している」と話した。ヤマト運輸はほかの都市でも鉄道の活用を検討する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン