/

石油供給能力、来週には余裕も エネルギー経済研究所

日本エネルギー経済研究所(東京・中央)は17日、東日本巨大地震による石油需給への影響に関するリポートを公表した。今後、製油所などの復旧が進むにつれ供給能力に余裕が生まれると分析。過度にガソリンなどを買いだめする必要はなく「冷静な行動をとることが望まれる」と呼びかけた。リポートによると、来週にかけて日量約78万バレルの能力が復帰する見通しで、国内の処理能力は震災直前とほぼ同水準に戻るという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません