シャープ、再び正念場 ピーク越えたアップル特需
スマホ用、受注急ぐ

(1/2ページ)
2013/11/18 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

シャープの経営再建が来年春に向けて再び正念場を迎えそうだ。2013年度上期(4~9月期)に連結営業損益の黒字化を達成し、12日には総額1365億円の資本増強も完了した。業績回復は米アップルの新型スマートフォン(スマホ)向け液晶パネルの特需効果が大きく、来年春に向けて液晶工場の稼働率が再び落ち込みかねない。経営トップに就任してから5カ月、「会社を残すために何でもやる覚悟だ」と語る高橋興三社長の手腕…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。


関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]