/

この記事は会員限定です

丸紅、世界最大級の鉄鉱山開発 豪で事業費8400億円

韓国ポスコと組み資源メジャーに対抗

[有料会員限定]

丸紅はオーストラリアで世界最大級の鉄鉱石鉱山の開発に参画する。豪資源会社から同国西部の鉄鉱石鉱山の権益12.5%を取得。韓国の鉄鋼最大手、ポスコなどと共同で2014年から生産を始める。総事業費は約8400億円。丸紅は日本の年間輸入量の約1割に当たる1千万トン超の鉄鉱石を確保する。日韓連合で開発に取り組み、資源メジャーの寡占化が進む鉄鉱石の安定調達につなげる。

世界の鉄鉱石市場は英豪資源大手のBHP...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り852文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン