/

この記事は会員限定です

富士重のサンバー、撤退目前のフル生産

駆け込み需要殺到

[有料会員限定]

富士重工業は2012年2月末まで軽商用車「サンバー」をフル生産する。同社は事業の集中と選択で、軽自動車の開発・生産から撤退し、来年2月末で軽生産を終える。現在、唯一生産するサンバーは最後の駆け込み需要で大量の受注残を抱え、生産撤退までフル生産体制を敷く必要があると判断した。

軽自動車を生産する群馬製作所本工場(群馬県太田市)で生産体制の2交代制をとる。休日・残業出勤も活用し、2月末まで月産約90...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り273文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン