/

この記事は会員限定です

格安店、消費増税で出店加速 ダイエーやイオンなど

[有料会員限定]

小売業が食品や日用品を格安で売るディスカウント店の出店を加速する。ダイエーは従来より店舗面積を小さくした新型店を開発し、2016年度までに東京23区を中心に80店出す。イオンやセブン&アイ・ホールディングスも都市部で拡大し、首都圏地盤のオーケー(東京・大田)は14年度に前年度比倍増の10店を出す。消費増税後には節約志向が高まるとみられ、都市部でも格安店が広がりそうだ。

ディスカウント店は広い売り場...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り754文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン