/

大和ハウス、コスモスイニシア買収を発表

大和ハウス工業は16日、中堅マンション分譲会社のコスモスイニシアを買収すると発表した。同社が実施する第三者割当増資を6月27日に約95億円で引き受ける。発行済み株式数の6割強を取得し、子会社化する。

同日記者会見した大和ハウスの大野直竹社長は買収の狙いについて「首都圏で手がけるマンション開発を全体の半分まで持っていきたい」と述べた。同社のマンション供給戸数のうち首都圏はほぼ3分の1程度。一方、コスモス社は主に東京都内で事業展開している。

大野社長は「少子高齢化や人口減少で人が集まるのは首都圏が中心となる」とし、首都圏での事業拡大に強い意欲を示した。コスモス社と単純合算したマンション供給戸数(2012年)は全国で4132戸となり、4位の住友不動産に迫る。

大和ハウスはコスモス社の取引金融機関が債務の株式化で取得した優先株を実質的に肩代わりする形で出資する。買収後も同社の高木嘉幸社長は続投し、ジャスダック市場への上場も維持する。両社は中古マンションなどの流通仲介やリフォーム事業も共同で手がける方針だ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン