/

この記事は会員限定です

水の使用量で製品評価 企業の競争力も左右

日経エコロジー 相馬 隆宏

[有料会員限定]

東芝は9月、家電製品の「ウオーターフットプリント」を業界に先駆けて公表した。原材料の調達から生産、流通、使用、廃棄・リサイクル(再利用)まで製品のライフサイクル全体で使用する水の量を推計して表したものである。

東京都市大学と共同で昨年発売した洗濯乾燥機のウオーターフットプリントを算出したところ、2000年の製品と比べて58%少なかった。衣類の量や素材に応じて洗いやすすぎ時の水量を変える機能を搭載す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1216文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン