/

「プレモル」が「ラガー」抜く 12年出荷量

ビール系飲料、全体では8年連続最低に

ビール大手5社が16日発表した2012年のビール系飲料の出荷量は8年連続で過去最低を更新した。新ブランドが育ちにくいなか、定番品の販売競争は激化。サントリー酒類の「ザ・プレミアム・モルツ」がキリンビールの「ラガー」を販売量で抜くなどブランド間の優勝劣敗が鮮明になりつつある。

2012年の国内ビールの販売量ランキング
(販売量の単位は万ケース、カッコ内は前年比増減率%、▲はマイナス)
順位
(前年)
ブランド
(企業名)
販売量
1(1)スーパードライ
 (アサヒビール)
10,590
(▲2.4)
2(2)一番搾り
 (キリンビール)
3,296
(▲1.3)
3(3)黒ラベル
 (サッポロビール)
1,705
(▲3.6)
4(5)ザ・プレミアム・モルツ
 (サントリー酒類)
1,656
(10.4)
5(4)ラガー
 (キリンビール)
1,486
(▲7.7)
6(6)エビスシリーズ
 (サッポロビール)
945
(▲4.5)

昨年の出荷量は前年比1.0%減の4億3811万ケース(1ケースは大瓶20本換算)。東日本大震災の反動などで前半はプラスで折り返したが、10年まで2ケタ前後の成長が続いていた「第三のビール」で伸び率が1.1%に鈍化。ビールや発泡酒の落ち込みを補えなかったことが響いた。

市場低迷が続くビールではブランド別のシェアで変動が起きた。昨年のビール販売量ではサントリーのプレミアムモルツが1656万ケースと、キリンのラガー(1486万ケース)を初めて抜いた。ラガーはピーク時にはビール販売シェアで約6割を握った老舗ブランドだ。

各社は市場が縮む中、1ブランドに販促費などを集中している。キリンは2位の「一番搾り」を最優先する一方、サントリーはプレミアムモルツに過去最高の販促費をつぎ込み、逆転につながった。プレミアムモルツは3位のサッポロビール「黒ラベル」(1705万ケース)も13年中に超える見通しだ。

ビール業界の頭痛の種は第三のビールの伸びが鈍化した点。5社の統計に含まれない大手小売りの輸入プライベートブランド(PB=自主企画)品が伸びているほか、若者が缶チューハイなどを好む傾向も影響している。このため新商品がことごとく不発。アサヒビールの「ダイレクトショット」は販売目標の4割に満たず、キリンの「麦のごちそう」も「幅広い消費者を捕らえきれなかった」(同社幹部)。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン