/

玩具卸のハピネット、タカラトミーのゲーム卸子会社買収

バンダイナムコホールディングス傘下の玩具卸のハピネットは16日、タカラトミーのグループ会社でテレビゲーム関連商材の卸を手がけるトイズユニオン(東京・台東)の全株式を同日付で取得したと発表した。買収により任天堂のゲーム機やゲームソフトなどの販売強化を狙う。

株式取得額は18億5000万円。トイズユニオンは主に任天堂関連のゲームを取り扱っており、2013年3月期の売上高は353億円。ハピネットは今回の買収で14年3月期の連結売上高を前期比16%増の2050億円に上方修正する見通しだと発表した。従来予想は2%増の1800億円だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン