/

この記事は会員限定です

レジャー施設、中堅も拡充投資 サンリオや富士急

[有料会員限定]

テーマパークや遊園地の積極的な設備投資が中堅企業にも広がってきた。サンリオピューロランド(東京都多摩市)が7月に「ハローキティ」の遊戯施設などを15億円かけ導入するほか、富士急ハイランド(山梨県富士吉田市)も前年度実績の2倍にあたる約10億円を投じてミニテーマパークを整備する。好調なレジャー消費を追い風に、抑え気味だった方針を転換して投資を拡大する。

サンリオは子会社を通じて運営するサンリオピュ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り755文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません