IHI、インフルワクチン量産へ 生産期間3分の1

2013/4/17付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

IHIは2015年にもインフルエンザワクチンの量産を始める。アステラス製薬からワクチン生産を受託する。独自の製造方法で生産にかかる期間を約2カ月と従来方法の3分の1に短縮。インフルエンザの大流行の際に素早くワクチンを供給でき、早期の予防や流行の沈静化に役立つ。

バイオベンチャーのUMNファーマとの共同出資会社が100億円強を投じて岐阜県内に工場を建設。冬から春にかけて流行する季節性インフルエンザ…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]