「もの言う株主」退潮鮮明 スティール、サッポロ撤退

2010/12/16付
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米投資ファンドのスティール・パートナーズが2004年から保有してきたサッポロホールディングス(HD)の株式について、保有分すべてを売却したことが16日明らかになった。スティールはサッポロHDへの投資から完全に撤退したことになる。他のファンドも金融危機前後から日本での投資を縮小傾向で、投資先企業に経営改善を強く働き掛ける「アクティビスト(もの言う株主)」の退潮が鮮明になってきた。

関東財務局に提出…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]