/

この記事は会員限定です

シャープ、アップル向け新ライン 液晶1000億円投資

亀山工場、12年後半から量産

[有料会員限定]

シャープは約1000億円を投じて、スマートフォン(高機能携帯電話)に使う中小型の液晶パネルの生産ラインを三重県の工場に新設する。米アップルが投資額の多くを実質的に負担し、作ったパネルも大半を引き取る。東芝もアップル向けの液晶パネルを増産するため石川県に新工場を建設する方針。世界的なスマートフォン需要の拡大が、日本の電機大手の大型投資をけん引する。

シャープがラインを新設するのは亀山第1工場(三重...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り666文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン