/

この記事は会員限定です

迫真・シャープの決断 鴻海提携「座して死待つより」

[有料会員限定]

3月26日、月曜日。大阪市阿倍野区にあるシャープ本社2階の応接に3人の男が入った。

□  □

一人はシャープ会長(当時)の町田勝彦(68)。もう一人は1週間後に社長就任が決まっている常務執行役員(同)の奥田隆司(58)。最後の一人は世界最大のEMS(電子機器の受託製造サービス)、鴻海(ホンハイ)精密工業の創業者で董事長の郭台銘(テリー・ゴー、61)だった。

紺のスーツに薄い紫のネクタイを締めた郭は、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1487文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン