2019年1月24日(木)

新日鉄住金、進藤副社長の社長昇格を発表

2014/1/16付
保存
共有
印刷
その他

新日鉄住金は16日、進藤孝生副社長(64)が4月1日付で社長に昇格し、友野宏社長兼最高執行責任者(COO、68)が代表権を持つ副会長に就任する人事を正式発表した。同日午後に記者会見する。宗岡正二会長兼最高経営責任者(CEO、67)は会長職を継続する。

2012年10月に新日本製鉄と住友金属工業が合併した際に導入したCEO、COO職はトップ交代を機に廃止。社長が経営を陣頭指揮するワントップ体制に移行する。旧2社の社長から現職に就いた宗岡氏と友野氏は経済界の活動などに軸足を移す。

進藤氏は新日鉄出身で、総務や経営企画部門が長い。2001年から始まった新日鉄と住金、神戸製鋼所の3社提携の実務を取り仕切ったほか、2社の合併後は北九州地区や関西などで近隣製鉄所の一体運営案を策定した。

新日鉄住金は14年3月期に約600億円の合併による収益改善を見込み、連結経常利益は前期比3.9倍(前期は旧2社の単純合計)の3400億円に達する見通し。業績回復が軌道に乗ったと判断し、新体制への移行を決めた。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報