/

日産、新作アニメのロボットデザインに参画

12年放映

日産の大須田貴士氏がデザインしたロボットは滑らかで流麗なシルエット

日産自動車は16日、2012年1月に放映される新作ロボットアニメの制作に参画すると発表した。人気アニメ「攻殻機動隊」で知られるアニメ制作のプロダクション・アイジー(東京都武蔵野市)と協力。日産がロボットのデザインを担当する。日産はデザインの競争力を高めるため、異業種との連携を今後も積極的に進めるという。

日産のグローバルデザイン本部がアニメの主役級をはじめ作品に登場する様々なロボットをデザインした。日産の中村史郎常務執行役員は「車とロボットのデザインの親和性は高い」と話した。新作アニメの題名は「輪廻のラグランジェ」。

100人以上のデザイナーが参画し、60作品以上の応募の中からコンペで厳選したという。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン