2019年1月17日(木)

マツダ、ルマン21年ぶり参戦 13年からエンジン供給

2012/6/17付
保存
共有
印刷
その他

マツダは16日、フランスで開かれる24時間耐久レース「ルマン」向けに、2013年からエンジンを供給すると発表した。新型低燃費エンジン「スカイアクティブ」を参加チームに提供する。マツダは過去にルマンを制した唯一のアジアメーカー。21年ぶりの再挑戦で、欧州でのブランド力向上を狙う。

レース向けに排気量2200ccのディーゼルエンジンを供給する。供給先は市販車に近い下位カテゴリーで、マツダはチームやスポンサーとしては参加しない方針。

マツダはかつて自社チームでルマンに参戦し、1991年にロータリーエンジン搭載車で総合優勝を果たした。これが欧州でのブランド力強化につながった実績がある。

マツダは円高などの影響を受けて、12年3月期まで4期連続の最終赤字となるなど、厳しい経営状況が続いている。収益体質の強化を狙って、コスト削減と新型エンジン「スカイアクティブ」搭載車の拡販を同時に進めている。ルマン総合優勝という「過去の遺産」を生かしながら、低コストで新車の販売促進につなげる。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報