/

マツダ、ルマン21年ぶり参戦 13年からエンジン供給

(更新)

マツダは16日、フランスで開かれる24時間耐久レース「ルマン」向けに、2013年からエンジンを供給すると発表した。新型低燃費エンジン「スカイアクティブ」を参加チームに提供する。マツダは過去にルマンを制した唯一のアジアメーカー。21年ぶりの再挑戦で、欧州でのブランド力向上を狙う。

レース向けに排気量2200ccのディーゼルエンジンを供給する。供給先は市販車に近い下位カテゴリーで、マツダはチームやスポンサーとしては参加しない方針。

マツダはかつて自社チームでルマンに参戦し、1991年にロータリーエンジン搭載車で総合優勝を果たした。これが欧州でのブランド力強化につながった実績がある。

マツダは円高などの影響を受けて、12年3月期まで4期連続の最終赤字となるなど、厳しい経営状況が続いている。収益体質の強化を狙って、コスト削減と新型エンジン「スカイアクティブ」搭載車の拡販を同時に進めている。ルマン総合優勝という「過去の遺産」を生かしながら、低コストで新車の販売促進につなげる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン