キャンドゥ、200円商品を全廃 100円に統一

2013/10/15付
保存
共有
印刷
その他

100円ショップ大手のキャンドゥは来春までに、税込み200円均一で販売する商品をなくす。来年4月の消費増税後には、消費者の低価格志向は強まるとして、同社で扱う商品の価格は100円(税抜き)で統一する。

税込み200円の商品は傘や洗剤など約150品目ある。同社で販売する約1万3000品目のうち、100円以外の商品の需要が落ちているとして扱いを順次減らしている。昨年11月末には300円(税抜き)、500円(同)の商品の販売をやめた。

100円ショップ大手ではセリアはすべて100円(同)に統一している。ただ最大手の大創産業(広島県東広島市)は200円(同)や300円(同)の商品も扱っており、一定の需要があるとして販売を続ける方針だ。

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]