/

この記事は会員限定です

新型「iPad」一手に生産 「鴻海モデル」きしむ

中国賃上げ直撃、垂直統合も未完 利益率2% 打倒サムスン、背中は遠く

[有料会員限定]

米アップルの多機能携帯端末(タブレット)「iPad(アイパッド)」の新型機が16日、日米などで同時発売された。生産を一手に請け負う台湾・鴻海(ホンハイ)精密工業は最も恩恵を受けるべき存在だが、中国での相次ぐ賃上げで利益率の低下に歯止めがかからない。液晶パネル生産などを取り込む垂直統合戦略も視界不良で、新たな経営モデル確立に向けた試行錯誤から抜け出せていないのが実情だ。

「携帯電話への問い合わせに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2006文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン