/

不二越、中国で産業用ロボットを生産

不二越は15日、中国で産業用ロボットの生産を始めると発表した。2月に稼働する中国江蘇省の油圧機器などの工場に20億円を投じて生産ラインを設ける。現地の自動車メーカーなどに供給し、2年後をメドに生産台数をライン稼働時の倍増となる年間3千台に引き上げる。自動車や食品など現地の製造現場で自動化ラインの導入が進んでいることに対応する。

江蘇省張家港市に稼働する新工場の一部で生産する。自動車の組み立て工程などに使う高速ロボット「SRAシリーズ」を含む主力機種を生産する。現地採用を含めて20人体制で生産を開始。中国に開発機能を持たせ、部品もすべて現地で調達できる体制を整える。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン