/

この記事は会員限定です

CO2分離のコスト半減 住商・住友化学が装置運営

[有料会員限定]

住友商事と住友化学は化学プラントで使われる二酸化炭素(CO2)分離装置の運営事業に乗り出す。ベンチャー企業の技術を採用したCO2分離装置を顧客企業のプラントに設置して運営する。肥料などの製造プラントや天然ガス田などへの導入を想定しており、既存の分離装置と比べて燃料費など運営コストを半減できるという。来年中に国内で実証設備を建設して回収性能の高さを示し、世界で受注拡大を狙う。

住商と住友化学が47....

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り941文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン