/

この記事は会員限定です

ディズニーランド、7万人の安全守ったアルバイト

オリエンタルランド、大震災企業はどう動いた

[有料会員限定]

東日本大震災で震度5弱を記録した東京ディズニーリゾート(TDR、千葉県浦安市)。大きな揺れや液状化に備えた建築工法が園内にいた約7万人の安全を守った。それ以上に安心を紡いだのは確立された指揮命令系統と、「キャスト」と呼ぶアルバイトの危機管理意識だった。

浦安市と独自に備え

3月11日。TDRを運営するオリエンタルランドで危機管理を担当する副社長、砂山起一(63)は出張中の米ロサンゼルスで一報を聞いた。状況把握でかけた...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1205文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン