/

この記事は会員限定です

コマツ会長「地元回帰で強くなる」(ルポ迫真)

円高、溶ける地方

[有料会員限定]

10月26日、コマツ会長の坂根正弘(71)は金沢大学(金沢市)で学生を前に熱弁を振るった。2001年に社長就任後、赤字に陥った名門企業を再生、円高の中でも高収益を稼げる経営体質を築いた。その坂根が「中興の祖」河合良成の母校で強調したのが地元回帰だ。「地元に戻ることで、コマツは日本発グローバル企業として生き残る」

河合は坂根の入社時(1963年)の社長だ。世界の巨人・米キャタピラーの日本進出に対して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り809文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン