/

ドコモ、LINEと組み高齢者用アプリ充実

人気スマホ値下げも表明

NTTドコモは15日、無料通話・チャットアプリのLINE(東京・渋谷)と提携し、高齢者向けスマートフォン(スマホ)向けのアプリ(応用ソフト)を充実させると発表した。夏商戦向けの新製品では、ソニーと韓国サムスン電子の2機種に販売促進費を重点配分。ソニーの場合、通常2万5千円の端末価格を、最安で実売5千円程度に引き下げることも表明した。

NTTドコモが発表したスマートフォンの新製品(15日、東京都中央区)

LINEは利用者同士で短い文字メッセージのやり取りができることなどが受け利用者が急増。国内で4500万人、世界合計で1億5千万人が登録している。

ドコモはLINEとの連携によって、より簡単な操作でメッセージ交換ができるアプリを高齢者向けスマホに組み込む。ユーザーが安心して使えるように課金や決済の機能を制限する。高齢者向けスマホはソフトバンクが機種の強化で追い上げており、ドコモはソフトの充実で対抗する。

LINEはKDDIとも提携しており、アプリ搭載端末を増やすことでユーザーを囲い込む狙いだ。

ドコモは夏の商戦向けにスマホなど11機種を17日から順次発売することも発表。例年よりも夏モデルの新商品数を半減させる。会見した同社の加藤薫社長は「ソニーとサムスンの2機種を注力機種とする」と明言。サムスンの機種は通常3万5千円を実売1万5千円にする。

新機種のスマホはバッテリー容量を増やし通話やメールなどの利用時間を45時間以上に延ばしたほか、初めてスマホを使う人向けに使いやすい機種を用意した。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン